<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

専門店春の大会が開催されました

立春を過ぎても厳しい寒さが続いています。北海道や東北、日本海側では雪の所も多いようですが、
関東では梅の花がほころび始めました。
f0208702_1157854.jpg

2月19日(金)東京元赤坂の明治記念館にて、恒例の「専門店春の大会」が開催されました。
毎年行われているIFIビジネス・スクール名誉学長尾原蓉子先生によるNRF(米国小売業大会)の報告会。今年で20回を越え、先生ご自身も驚くほどの歴史を重ねています。

今、小売業界は大転換期を迎えています。アメリカでは〝ニューノーマル〟(「新たな常態」)への移行が行われている最中。明らかに消費者の意識と行動が変わりました。その潮流に対してどのように対応していくか。日本の専門店業界にとってもそれが最大のポイントだとおっしゃっていました。

f0208702_1404737.jpg

『逆境こそ最高の教師-〝New Normal〟の意味するもの』と題して講演する尾原蓉子先生

回を重ねるごとに内容も語り口もパワーアップ。尾原先生のお話が聞けるから、と会員になられた企業もいらっしゃるほどですから、尾原先生のほとばしるようなエネルギーには頭が下がります。
スライドやDVDを使った説明がわかりやすく、「とても面白かった」との声が多数聞かれました。
[PR]
by senmon_events | 2010-02-22 14:21 | イベント

プロの視点から

先週、日本経済新聞社消費産業部・編集委員 田中陽さんによる新春恒例の勉強会が開かれました。
題して「日経大予測2010年小売り&消費」。
f0208702_1726747.jpg
当日(1月27日)の朝刊一面に「そごう・西武4店閉鎖へ 西武有楽町、年内に閉鎖」という記事を書いたばかりの田中さん。百貨店の再編・統合の事情にも詳しい現場記者の立場から、新政権のもと今の小売が抱える問題、今後の予想などを伺いました。

近頃、新聞の作り方が変わってきていることにお気づきでしょうか?
これまでの読者対象(政治家・官僚・企業人)から生活者へとシフトし、よりわかりやすく、生活に密着した情報づくりになっているそうです。目指しているのは家庭で読んでもらってもわかる情報。
流通業、サービス業などの情報がより発信されているということでした。
我々としては嬉しいことですね。
新聞やネット、雑誌で知識レベルを上げている一般消費者の目は厳しくなるばかり。
商品や値段、サービスにより高い質が求められているということでしょう。

(田中陽さんは1月末、日経・夕刊「人間発見」で株式会社タビオ(当協会会員企業)の越智会長のインタービュー記事をシリーズで執筆されました。)
[PR]
by senmon_events | 2010-02-03 17:50 | 勉強会

小林さんが表紙に登場!

昨年、当協会主催の第13回「あったか・えっせい」コンテスト(作品はこちらから)」で最優秀賞に輝いた虎屋の小林祥子さん。
小林さんの写真が雑誌「商業界」2月号の表紙に掲載されています。

f0208702_1124059.jpg


小林さんのエッセイは彼女が入社して3年目のエピソードを綴ったもの。
結婚相手のご実家への手土産を選ぶ男性から相談を受け
懸命に頑張る姿が印象的な作品でした。
お客様の人生の節目、販売員としてお役に立てたという喜びが
数年経った今も忘れられない思い出となって残っているそうです。

その時感じたあたたかい気持ちを胸に日々仕事に励む小林さん。
その笑顔には、こころの優しさ、気遣いのできる賢さなど、彼女の魅力が
にじみ出ているように思います。

この受賞をきっかけにますますそのパワーを発揮してくださいね、期待しています!
[PR]
by senmon_events | 2010-02-03 11:48 | 商業界